「オガタマ」の育て方 剪定と時期 剪定料金

オガタマの木は春にとても甘い香りを放つ人気樹種です。

オガタマの木の概要

属性:モクレン科オガタマノキ属

原産国:中国南部

最大樹高:4m~7m程度

常緑中低木

 

オガタマの品種の一つのポートワインは、4~6月ごろに少し紫色を帯びた白い花をつけ、パイナップルというかフェイジョアの様な甘い香りを放ちます。オガタマの木には近樹種にはカラタネオガタマ・パープルクイーンなどもある。常緑樹で匂いと共に季節を感じる事が出きる綺麗な庭木です。

オガタマ・ポートワイン 画像

オガタマ・ポートワイン 画像

 

オガタマの剪定の時期

オガタマは基本的に通年剪定を行う事の出来る庭木です。しかし秋口には花芽を付け始める為、夏までに剪定をすることをお勧めします。

オガタマは自然樹形に育てる事も出来ますし刈り込んで仕立てる方法もあります。しかし、特別成長が早い樹木ではないので自然樹形になる枝透かし剪定の方をお勧めしたいと思います。

剪定適期は開花後~8月下旬です。刈り込み剪定の場合は円錐形になる様オオバサミ(刈り込みバサミ)などを使い表面を整えます。刈り込んだ際、葉の付いていない枝は枯れ易く見た目も綺麗ではないので分岐部分で切り取ると良いでしょう。

自然樹形の剪定の場合、他の樹木と同様 徒長枝、絡み枝、並行枝などを切除するだけでもスッキリとした雰囲気に仕上がるでしょう。

成長の遅い樹木です。強剪定するのではなく風通しを考えた整枝剪定が良いと思います。

初心者向きのとても簡単な庭木です。是非トライしてみて下さい。

 

 

オガタマの剪定価格 (2m)

枝透かし剪定の場合:¥3000程度

地域、植栽場所により異なります。詳しくはお近くの専門家へご相談下さい。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ