アオハダの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

アオハダは雑木としても人気が高く注目を浴びています。

アオハダの属性

属性:モチノキ科モチノキ属

原産国:日本 など

最大樹高:6m~8m程度

落葉高木

用途:シンボルツリー・添景木 など

開花時期:5月~6月ごろ

結実時期:9月~12月

別名:マルバウメモドキ

品種・近樹種:モチノキ・クロガネモチ・ケナシアオハダ・ホソバアオハダ

この木の姿とソヨゴに似た実を楽しむ落葉樹です。真っ直ぐに伸び幅を取らないのが特徴です。

アオハダの葉 画像

アオハダの葉 画像

アオハダの育て方 剪定方法と時期

アオハダは直立して上部で太い枝を伸ばし、自然に綺麗な樹冠になります。剪定は余り必要としませんが、年に1回は剪定を行うと綺麗な樹形が保てます。

ガーデニング初心者でも十分育てる事が可能ですが、若干西日を嫌い土の深い肥沃な土地を好みます。

秋には黄色く紅葉し又、果実も出来る為最近とても人気が高いです。

実生せも育てる事が出来ますが、元々山で自生していた山取りの樹木と比べると自然な雰囲気が出来にくく、素直に伸びてしまいます。

剪定方法と時期

剪定する時期は休眠期に当たる落葉期の12月~3月に行います。

アオハダは余り強く剪定する必要はありませんが、伸び過ぎた徒長枝や込んでいる場所の内行枝や絡み枝を分岐部分で切り取り枝透かしを行います。全体的に風通しと日差しが中に入る様均等に枝を透かせます。

剪定のポイントは枝を透く際、上部から下へ向かって枝を抜いて降りてきます。

アオハダの上部は余り枝が混まないので剪定を少なくし、中腹部分は込み易いのである程度枝を抜きます。

定期的に全景を確認しながら枝を抜いて下さい。

その際剪定したゴミを落としながら降りてくるとゴミが引っ掛かったままにならずに済みます。

又、庭木として育ったアオハダはある程度の大きさになったら地面から170センチ位の場所から下の脇枝を切り落とし株の幹越しに庭が見渡せるように仕立てると庭の雰囲気が良くなり、又視界が確保される為狭さを感じず木漏れ日の雰囲気を感じる事が可能です。

植え付け・移植時期

共に休眠期に当たる12月~3月に行います。

肥料

殆ど必要ありませんが、寒肥として2月ごろ油粕や骨粉など緩効性の肥料を施します。

病害虫

特に目立った病害虫はありません。

 

アオハダの剪定料金(4m程度)

枝透かし剪定の場合:10000円程度

※地域・場所により異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへお尋ね下さい。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ