アブラチャンの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

油を多く含む雑木として密かな人気があります。

アブラチャンの葉 画像

アブラチャンの葉 画像

アブラチャンの属性

属性:クスノキ科クロモジ属

原産国:日本 など

最大樹高3mから5m前後

落葉中低木

用途:シンボルツリー・コンテナ・添景木 など

開花時期:2月~4月 ごろ

別名:ムラダチ・ジシャ・ズサ

果実:9月~10月

アブラチャンは名前の通り油が多く、燃やすと枯れていなくてもよく燃えます。また、昔は灯油などの代用品としても使われていたそうです。

アブラチャンの花 画像

アブラチャンの花 画像

アブラチャンの育て方 剪定方法と時期

日向は好まず、半日陰か1日の中で数時間程度日差しが当たるところを好みます。

また、若干湿気を多く含んだ土地で良く育ち乾燥を嫌います。

ガーデニング初心者には若干剪定等難しい処はありますが、慣れると比較的簡単に管理が出来ます。

剪定方法と時期

この木は自然樹形を壊さぬよう剪定する事が好まれます。間違っても刈り込み剪定や枝を途中で切断する様な剪定は好みません。

剪定方法は「枝透かし剪定・間引き剪定」にて整えます。その年に伸びた徒長枝・内行枝・枯れ枝など切り広がり過ぎた枝は分岐した小枝を残すようにし切り戻すとその後の姿も崩す事が無いです。

また、地際から多くひこばえが伸びますが、ご自分で株立ちの本数を調整したり、枝同士が絡み合い邪魔になる場合は元から切り取ります。

アブラチャンは生育が遅く余り込みあわない為必要以上の剪定は必要ありません。

植え付け・移植時期

共に休眠期に当たる落葉期の1月~3月の新芽が発芽する前に行います。

肥料

基本的に必要ありませんが、寒肥として落葉期の1月~2月に堆肥など施します。

病害虫

目立った病害虫はありません。

アブラチャンの実 画像

アブラチャンの実 画像

アブラチャンの剪定料金(3m程度)

枝透かし・間引き剪定の場合:5000円~10000円程度

※地域・場所により異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへお尋ね下さい。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ