アベリア・ホープレイズの剪定方法と時期 剪定料金

アベリア・ホープレイズはカラーリーフの低木としてとても使い勝手の良い庭木です。

 

アベリア・ホープレイズの概要

属性:スイカズラ科ツクバネウツギ属

原産国:中国

最大樹高:0.5m~2m

開花時期:4月から5月

耐寒性半落葉低木

用途:コンテナ・生垣・下草等 どんな場面にも合うオールマイティーな植物です

 

アベリア・ホープレイズの剪定方法と時期

 

アベリア・ホープレイズ

アベリア・ホープレイズ

 

アベリア・ホープレイズの葉は黄覆輪斑入り葉で白花の品種です。最近アベリアも品種が多く出回っており、その中の一つです。光沢のある黄色の覆輪斑入り葉は明るく暗くなりがちな場所を明るくする雰囲気を作ります。

冬でもカラーリーフで花壇に明るい彩りと最近流行りの洋風なガーデニングにも良いですね。アベリアの花は白に近い薄紫色の小花が緑葉にまぎれて咲きます。ひとつひとつの花は小さくかわいらしいですが、明るい葉色に少しぼやけてしまうのが残念です。

成長自体は遅く、徒長枝が伸びますがこの徒長枝を抑えていれば比較的矮性に育てる事が可能です。

 

 

植えこむ時期は10月~入梅までに行います。寒冷地では真冬の植え付けは根が凍ってしまい上手く育たないので避けます。

とても強いので一般的なお庭の土(赤土・黒土)などであれば肥しを混ぜたりする必要もなく育ちます。

剪定方法は一般的には刈り込ん剪定で樹形を維持したり、生垣に用いたりと用途は多様です。

剪定適期は通年通して刈り込み等行っても問題は無いですが、最適期は真冬の休眠期に刈り込んで樹形を整えるのが一番良いでしょう。放任してもある程度樹形を崩すことなく育ちますが大きくなってくると枝が混んで中枝の日当たり悪くなり、中の葉が枯れて無くなってしまったり花つきが 落ち始めますので、そういう時は込みすぎた枝を間引いてください。

基本的には徒長枝を止めるだけでも十分ですが剪定方法は以下の写真を参考にして下さい。

上記右写真はアベリア・ホープレイズの剪定前の徒長した枝を剪定する様子です。このように全体の樹形から伸びている部分を枝の分岐している部分から切除します。

すると左写真の様にまとまった樹形になります。

刈り込み剪定も同様に徒長枝を先に切除した後刈り込みを行うと太い切り口が見えず綺麗に仕上がるのでぜひ試してみて下さい。

 

アベリア・ホープレイズの剪定料金

※アベリアはとても強く、強剪定にも耐える為枯れる事はめったにありません。是非ご自分で挑戦してみましょう。

どうしても、プロにお任せしたい場合はお近くの植木屋さんへ相談してみて下さい。

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ