イトヒバの剪定方法と時期 剪定料金

イトヒバは細長く垂れ下がる特徴がある庭木でも珍しい樹木です。

 

属性:ヒノキ科ヒノキ属

最大樹高:10m以上

常緑高木

用途:シンボルツリー・鉢植え・目隠し など

別名:ヒヨクヒバ

品種・近樹種:フィリフェラオーレアなど

 

この庭木は昔からお寺や神社などで見かけます。日本庭園などでも使用され独特な雰囲気がとても素敵ですね。

しかし、剪定方法は難しく訓練が必要でしょう。

 

イトヒバの剪定方法と時期

イトヒバは、成長は比較的遅く強健ですが、極端な刈り込みは景観的にも余りふさわしくないので木バサミを使った剪定をお勧めします。

サワラの一種の為剪定最中はとても良い香りがして癒されますね。

剪定方法は、基本的に細かな枝が発芽した中でも太い枝を先に切除します。下へ垂れ下がる細い枝はとても大切です。ついつい切りたくなってしまいますが、最終的な調整で少し切る程度に留めて下さい。この作業がイトヒバの姿を決めると言っても過言ではありません。

そして、次に重要な事は枝の途中で止めない事です。イトヒバは剪定後柔らかな雰囲気を残す様剪定したいところです。途中で止めてしまうと風になびかない硬いイメージになります。

次に中間の枝を間引く剪定をしバランスを整えるのですがとても難しいです。上へ跳ね上がる枝葉は元から切除し垂れ下がるようなイメージを持つとよいです。垂れ下がった葉が下の枝と重なってしまうと ぼやけ易いので骨組みの枝と枝の間は少し開ける様に剪定を行いましょう。

主幹と骨組の枝から出た胴吹きの様な枝葉元から切り落としてかまいません。

剪定時期は6月~11月頃が適期と言えます。

冬の強剪定は枯れ易いので慣れない方は夏の剪定がお勧めです。

 

とても難しい種類ですが、剪定のやりがいはあると思います。諦めずに挑戦してみて下さい。

 

イトヒバの剪定料金(2M)

枝透かし剪定の場合:10000円程度

※場所、地域により大きく異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへお問い合わせください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ