ウツギの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

ウツギは初夏に鐘状の花を咲かせる花木です。

ウツギの属性

属性:ユキノシタ科ウツギ属

原産国:日本

最大樹高:2m程度

落葉低木

用途:シンボルツリー・コンテナ・根締め・など

開花時期:5月から6月ごろ

別名:ウノハナ など

品種・近樹種:ヒメウツギ・サラサウツギ 等

品種は多く花色や八重咲き品種、多種にわたり多くの品種が存在します。

日本に自生するウツギの仲間はヒメウツギ・マルバウツギなどがあります。

ウツギの花 画像

ウツギの花 画像

ウツギの育て方 剪定方法と時期

この庭木は日当たりを好み半日陰でも十分育つ事が出来ます。土壌は水はけのよい適湿な肥沃地を好む傾向があります。

萌芽力がとても強く、生育旺盛な為 毎年の剪定は欠かせません。

剪定方法と時期

基本的な整枝剪定は開花後の6月下旬から7月に行います。

また、萌芽力旺盛で成長も早く年1回の剪定では追いつかない伸びをします。落葉期の休眠期に古くなった太い枝を地際から切り取ったり途中で止めたりし若い芽を促すようにします。

夏には病害虫の発生を防ぐ目的も兼ね込み入った枝を剪定します。刈り込んでしまっても問題はありませんが、自然樹形で樹冠を形成した方が風情が保てます。

植え付け・移植時期

共に落葉期の1月~3月に施すのが適期です。

肥料

生命力がとても強いです。特に肥料の必要はありませんが、花付きを良くする為窒素分を抑えてカリ、リン酸を多めに施します。

病害虫

春先、アブラムシが多く発生します。風通しをよくする剪定が必要です。

また、うどんこ病も付き易く早めに対処します。

 

ウツギの剪定料金(2m)

枝透かし剪定の場合:3000円程度

※ウツギはとても強い庭木です。是非挑戦してみて下さい。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ