エゴノキの剪定方法と時期 剪定料金

エゴノキは日本全土に分布する釣鐘状の可愛い花が人気の雑木です。

 

エゴノキの概要

属性:エゴノキ科エゴノキ属

原産国:日本

最大樹高:7m~8m

別名:チサノキ 等

落葉高木

エゴノキは日本古来の植物で実が有毒でとてもエグイ事からエゴノキと言われている。昔はこの実をすり潰して川魚を捕っていたらしいです。何と言った特徴もない素朴な樹木ですが下に垂れさがる小さな花がとても可憐で嫌みの少ない庭木です。最近流行りの雑木の庭にも活用され、人気がある樹木です。

 エゴノキの剪定後

エゴノキの剪定方法と時期

エゴノキの枝張り特徴は枝が上に伸びるのではなく、比較的横に開放感のある横に伸びる。

剪定方法はとても強い庭木の為、刈り込んでも耐える事が出来ますが、自然樹形が美しいのであまり枝を刈り込まずに、不要な枝(内行枝や絡み枝、ひこばえ、徒長枝など樹形を乱している枝、大きくなりすぎて邪魔な枝を切り落とす程度にとどめま す。

基本的にはその年に伸びた長い枝を元から剪定し切り取ると自ずと短かな枝が残るので、最初は余り気にしないで長い部分をすべて切り取るとよいでしょう。又、枝を切る場合は中途半端に残さず、できるだけ付け根や枝分かれしている箇所から切り落とすようにします。その方が自然樹形に近い美しい姿を保つことができます。途中で切ると、自然なイメージが損なわれるだけでなく、次の発芽が不自然になり翌年の剪定がより難しくなるのです。

枝を切るのは最適期は落葉期が適期ですが、間延びした枝を切り落とす程度でしたら開花直後でも可能です。

 

写真の様に長い枝を剪定すると短い枝が残り自然な雰囲気も保たれ、毎年大きさを維持する事も容易になります。

また、混んでいる箇所や胴吹きした枝は綺麗に剪定を行う事も大切です。

 

 

エゴノキの剪定価格 (2m)

枝透かし剪定の場合:¥5000程度

※地域、場所によりむらがある為、詳しくはお近くの植木屋さんへお問い合わせください。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ