オオデマリの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

オオデマリは春に手毬状の白い花を可憐に咲かせる清楚な花木です。

オオデマリの属性

属性:スイカズラ科ガマズミ属

原産国:日本

最大樹高:4m前後

落葉低木・小高木

別名:テマリカ・テマリバナ

用途:シンボルツリー・添景木・コンテナ など

開花時期:4月から5月ごろ

品種・近樹種:ピンクビューティー・ジェミニ など

アジサイに似た花が咲き始めは緑から純白へと変化する綺麗な庭木として古くから親しまれています。

オオデマリの花 画像

オオデマリの花 画像

オオデマリの育て方 剪定方法と時期

この樹木はヤブデマリの園芸品種で5月から6月頃開花する花は大きいもので20センチ程度になりグリーンの葉の上に純白の花が咲き誇るとても綺麗な花木です。春先、害虫に葉を食害され易く春先一番早く葉を食い荒らされる事でも有名です。

しかし、基本的には管理し易くガーデニング初心者でも十分育てる事が可能です。

剪定方法と時期

オオデマリは、実際何年も剪定をしてきて、生育旺盛で萌芽力が強い為、大抵の剪定方法にも耐える事が出来ます。しかし、この木の特徴を生かすには枝透かし剪定がお勧めです。

剪定時期は開花後6月上旬から6月下旬ごろが適期です。

樹形は放任すると乱れ易く毎年の剪定が必要です。花芽は前年に伸びた短な枝に付ける為短い枝は極力剪定を避け徒長した枝を切ります。又、風通しを良くする為枝の混んでいる箇所は内行枝や絡み枝を落とし全体の樹形が均一に透ける様調整します。

植え付け・移植時期

植えつけ場所は日当たりのよい水はけの良い肥沃な土壌を好みます。

植え付け移植共に時期は厳冬期を除く休眠期(落葉時期)が適しています。比較的休眠期であれば容易に活着します。

肥料

1月から3月に寒肥として鶏糞などの緩効性の肥料を施します。

積雪の多い地方では、雪が解けてから施すと効果がより期待されます。

病害虫

アブラムシやサンゴジュハムシなどが発生します。環境にもよりますが、ほぼ必ずと言って良いほど春先に付きますので付着時は薬剤散布で駆除して下さい。

 

オオデマリの剪定料金(2m程度)

枝透かし剪定の場合:5000円程度

※地域、場所により異なる為詳しくはお近くの植木屋さんへお尋ね下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ