オリーブの剪定方法及び時期 剪定料金

オリーブは平和の樹として人気の庭木です。

オリーブの概要

原産地:小アジア~地中海東部沿岸
属性:モクセイ科オリーブ属
常緑高木
品種:ミッション・マンザニロ・ネバディロブランコ・シプレッチーノ等

 

最も古くから使われていた植物ともいわれオリーブの実から油を採ったり塩漬けにしたりできます。
最近とても人気のある樹木のひとつです。
近年洋風な建物も多く、オリーブを植栽するだけで南欧風な雰囲気を作りします。
新芽の時期には鮮やかなシルバーブルーの葉がとても鮮やかです。
また、ある程度生育した後は実も楽しめます。

オリーブの画像

オリーブの画像

オリーブの剪定方法と時期

オリーブの木は、樹木の中でも手入れの時期がとても重要です。
剪定時期を間違えてしまって樹勢が衰えてしまったり、場合によっては衰弱して枯れてしまうこともあります。
では剪定する時期はいつかと言いますと、長年携わってきた結果 関東地方では最適期は新芽が出る直前2月上旬より3月中旬までが一番良い時期だと考えております。
新芽が動き始めてからのお手入れは切り口から水分が蒸発し枯れ込んできます。又、真夏の強剪定は新芽が出なくなり枯れる事が多々あります。

実はオリーブの木ってとてもデリケートな庭木なのです。

皆さん中には毎年成長が早く伸びる樹木といったイメージは無いでしょう??しかし、少し手間をかける事で毎年きれいな形が保たれ癒してもらえるとても優れた庭木なのです。
切る場所は、まず徒長枝(他の枝より勢い良く伸びた枝)と絡み枝(枝と枝が交差し絡んでいる枝)を剪定します。

と話すと、熱心に徒長枝と絡み枝に剪定にばかり夢中になってしまう方がおられるかもしれません。しかし、時には樹木から少し離れ全体の樹形を確認することも大切です。特に、慣れてない方はこまめに全景を確認する事をお勧めします。
その後、またまた離れた場所から全景を眺め 混んでいる部分は芯に向かって伸びている枝を切りながら枝を透かしていきます。

 

 

オリーブの剪定料金 目安価格(2M)

枝透かし剪定の場合 ¥4000 ~

 

※ 透かし方等により費用が異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへご相談ください。

2 Responses to “オリーブの剪定方法及び時期 剪定料金”

  1. 川口 より:

    一度切り過ぎて枯らしてしまいました。
    今度はこちらを参考に剪定してみようと思います。

    • reonnaoki より:

      コメントありがとうございます。
      ぜひ頑張ってみて下さい。

      きっと、年々剪定部分が分かってくると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ