キングサリの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

キングサリはフジに似た黄色い花が美しい庭木です。

キングサリの属性

属性:マメ科キングサリ属

原産国:ヨーロッパ

最大樹高:3㍍から5㍍前後

落葉小高木

用途:シンボルツリー・棚仕立て・アーチ・コンテナ・鉢植え など

開花時期:5月~6月 ごろ

別名:キバナフジ・ゴールデンチェーン

品種:ボッシ-

キングサリは初夏に咲く黄金色の花が人目をひき、咲いた時の鮮やかさは通行人が立ち止まる程です。

キングサリの花

キングサリの花

キングサリの育て方 剪定方法と時期

キングサリはフジの様に房に花を付けます。幹が柔らかく仕立てる事が出来る為アーチに仕立てたり、色々な形へと誘引する事が可能です。海外でもアーチに仕立てられた物を見かけ、咲いた時期は黄色いトンネルを潜る幻想的なひと時を味わえます。

剪定方法と時期

キングサリの剪定は放任しても樹形が整うので特に剪定する必要はありません。アーチなど形を作る場合は伸びた際 誘引など行い形を形成します。良く見かけるのが、ビニ帯をしっかりと結んでしまう為、何年か後に幹に食い込んで取れなくなっているのを見かけます。こうなってしまうと養分が枝先へ送られ難くなり、場合によっては折れてしまう事もあります。枝を結ぶ際、幹が太くなる事を考え少し緩めに誘引する事がコツです。

又、枝と枝が擦れると幹に傷が付き易い為、剪定の際は枝と枝が当たらない様に枝先を切り詰め込み入った枝を間引く剪定をします。

剪定時期は2月~3月もしくは開花後の6月に剪定するのが適期です。

 

植え付け・移植時期

キングサリは日当たりと風通しの良い場所を好みます。適湿で肥沃な土壌で良く育ち乾燥を嫌う傾向があります。

植えつけの適期は2月~3月頃の芽が動き始める前に植えつけて下さい。

又、移植は同じ時期に行いますがマメ科の植物は移植と嫌います。フジやネムやジンチョウゲも同様ですが、根を傷めない様「たぐい掘り」と言う太い根を切らずにその先端までたぐって掘り上げます。

 

肥料

寒肥として1月~2月頃有機質肥料を施します。

また、5月中旬から7月初旬まで化成肥料を少量与えます。

 

病害虫

炭疽病・胴枯病などに注意します。

カミキリムシの幼虫が幹の中を食害する事があります。

 

キングサリの剪定料金(3m)

剪定料金:2000円から4000円 程度

※地域場所により異なる為、詳しくは植木屋さんへお問い合わせください。

2 Responses to “キングサリの育て方 剪定方法と時期 剪定料金”

  1. […] 掘り上げる際は根を傷めない様、「たぐい堀り」(根を切断しない様、根の先まで追いながら掘り取る方法)と言う作業を行います。これは特殊な方法でキングサリやフジやネムなども同じ方法で移植します。 […]

  2. […] 「たぐい掘り」をする他の庭木としては、キングサリ・ネムノキ・ジンチョウゲ などが代表的です。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ