ギンバイカ(マートル)の育て方 剪定方法と時期 剪定料金

ギンバイカは「マートル」とも言い夏の純白の花が綺麗です。

ギンバイカの属性

属性:フトモモ科ギンバイカ属

原産国:中近東・地中海沿岸

別名:イワイノキ・ギンコウバイ・マートル

最大樹高:3m前後

常緑低木

用途:シンボルツリー・コンテナ・生垣 など

開花時期:7月から8月ごろ

品種:バリエガタ

マートルバリエガタの葉 画像

マートルバリエガタの葉 画像

葉は芳香がありハーブとしても知られています。ハーブとしては「マートル」の名で呼ぶ事が多いです。

ギンバイカ(マートル)の花 画像

ギンバイカ(マートル)の花 画像

ギンバイカ(マートル)の育て方 剪定方法と時期

この庭木は洋風、和風庭園両方楽しむ事が出来ます。又、生育旺盛で萌芽力も強い為ガーデニング初心者でも十分育てる事が可能です。夏の乾燥に弱い為、日照り続きの場合は水を散水します。

剪定方法と時期

剪定時期は開花前の4月~5月ごろ若しくは開花後の9月に行うのが適しています。生垣などにする場合は「刈り込み剪定」でも良いですが、自然な雰囲気と花を損なわない様シンボルツリーや、添景木としては「枝透かし剪定」をお勧めします。

剪定方法は伸び過ぎて樹冠から突出した枝は花付きも余り良くないので分岐枝の上で切断します。又、混んでいる部分の内側に向かって伸びた内行枝や枝と枝がこすれあっている絡み枝、枯れ枝などを剪定しある程度風通しの良い樹形に剪定します。

植え付け・移植時期

日当たりと水はけのよい場所を好みます。しかし、寒さに弱い面があり寒風に当たらないような場所に植えます。

植えつけの適期は3月~4月に行います。移植は一度根が伸びて荒れてしまったギンバイカは難しく、事前に根回しをして細かな根を這わせた後暖かくなってきた5月~6月に行います。

肥料

3月に堆肥と油粕など緩効性の肥料を施します。

病害虫

特に目立った病害虫の被害はありません。

 

ギンバイカ(マートル)の剪定料金(2m程度)

枝透かし剪定の場合:5000円程度

※地域、植栽場所により異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへお問い合わせください。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ