クレマチスの育て方 剪定方法と時期

クレマチスは花色・花形・花期が多彩なつる植物で人気があります。

クレマチスの属性

属性:キンポウゲ科クレマチス属

原産国:日本

最大樹高:つる性の為自由に誘引する事が出来ます。

落葉・常緑つる

用途:生垣・コンテナ・トレリス・アーチ・フェンス・フジムスメ など

開花時期:種類により1年中楽しむ事が出来る

品種・近樹種:ドクターラッペル・ヤイチ・ダッチェスオブエディンバラ・テッセン など

別名:カザグルマ・テッセン

クレマチスはイングリッシュガーデンなどで最近誘引して多く使われる人気のつる植物です。

日向から日陰まで品種により選ぶ事も出来るので自分好みのクレマチスを楽しむ事が出来ます。

クレマチスの花 画像

クレマチスの花 画像

クレマチスの育て方 剪定方法と時期

やや湿り気のある肥沃な土壌を好み日向から半日陰でも良く育ちます。

ちょっとしたフェンスや植木を植えるには狭いスペースなどでとても有効的で花も綺麗な為人気が高いですね。

全体的に花が上向きに咲く事が多く人の目線より高い場所への誘引は花が見づらくなる為、余り向きません。

剪定方法と時期

クレマチスの多くは初夏から夏にかけて前の年に伸びた茎の先端や脇枝に白や青、ピンクや紫など大小様々な花が咲きます。

剪定時期は品種にもよりますが、基本的には開花後に行い、誘引する範囲からはみ出したツルを切り詰めます。

又、古くなったつるは下部から剪定し新しいツルの伸びを良くし花付きを促します。又、ツルが多くなり絡み合ってきたらツルを間引き風通しを良くして、新しいツルの促進を促すとよいです。

花が咲かない要因

いくつか要因は考えられますが、一つには窒素分の多い肥料を多くあげ過ぎている事。良くありがちですが、大切にするあまりツルに養分が行き渡り過ぎ花芽を形成されない。

又、花芽が形成されているのに土壌が極端に乾燥し花が付かない事があります。

その他に、鉢植えの場合は根詰まりや日照不足も要因の一つです。

植え付け・移植時期

ポット苗の植え付けは時期を選びません。しかし、移植は困難な為、植えつけの際は十分に考えてから植え付けます。

クレマチスの花 画像

クレマチスの花 画像

肥料

落葉期に寒肥としてリン酸とカリウム成分が多い肥料を施します。

病害虫

ドクガ・ハマキムシなど害虫の発生に注意が必要です。

また、乾燥するとハダニが付く事もあるので注意して下さい。

センチュウが根に寄生した場合は株ごと処分します。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ