クロモジの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

クロモジは爪楊枝として有名で雑木としても人気の庭木です。

クロモジの属性

属性:クスノキ科クロモジ属

原産国:日本、中国

最大樹高:4m前後

落葉低木

用途:シンボルツリー・生垣・コンテナ・添景木 など

開花時期:4月ごろ

品種・近樹種:ダンコウバイ・シロモジ・アオモジ など

枝や葉が香りがあり春の小花と新緑の姿がとても美しい庭木です。

クロモジの葉 画像

クロモジの葉 画像

クロモジの育て方 剪定方法と時期

丸い皮目のある滑らかな樹皮と芳香がクロモジの特徴です。小枝や葉を折ると良い香りが立ちます。春に葉の芽吹きと同時期に黄色い小さな花を咲かせ秋には黒い真珠の様な小さな実が付きます。西日を嫌う為、植栽する際は注意して下さい。

剪定方法と時期

クロモジは生命力があり萌芽力が強いです。植え込み後根がシッカリと張りだせば勢いが出てきます。

剪定適期は落葉する1月から2月と開花後の新芽が固まったころの6月~7月頃に剪定するのが適期です。

剪定方法は自然樹形を損なわない様「枝透かし剪定」にて行います。

内行枝や絡み枝、枯れ枝など取り除きある程度枝数を少なくすると楚々とした風合いに仕上がります。

多少太い枝を剪定する場合は落葉期の休眠時期に剪定する事をお勧めします。

 

植え付け・移植時期

植えつけの適期は落葉した休眠期に当たる12月~3月頃です。

しかし、大きくなったクロモジは移植が難しく、移植すると翌年幹の上から枯れ込む事があります。

肥料

特に必要はありませんが寒肥として1月から3月に緩効性の肥料を施します。

病害虫

特に注意する病害虫の発生はありませんが、まれにカイガラムシやうどんこ病が付着します。

剪定の際、風通しを良くする事で防ぐ事が出来ます。

 

クロモジの剪定料金(2m程度)

枝透かし剪定の場合:5000円程度

※地域・場所により異なる為、詳しくはお近くの植木屋さんへご連絡下さい。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ