コデマリの剪定方法と時期 剪定料金

コデマリは剪定の手間がかからず花の美しい庭木として人気な自然樹形の植木です。

コデマリの属性

属性:バラ科シモツケ属

原産国:中国など

最大樹高:2㍍~3㍍前後

別名:スズカケ・テマリバナ

落葉低木

用途:庭木・生垣・コンテナ・など

開花時期:4月から5月

品種:ヤエコデマリ・黄金コデマリ など

コデマリは最近多くの品種がありますが、純白の丸い花が女性に人気の庭木です。

 

コデマリの画像

コデマリの画像

コデマリの剪定方法と時期

コデマリは日当たりを好み大きくなると株立ち(地面から何本も枝が伸びる物)になり、春先白い小さな花が丸く集まって咲きます。

枝先にかたまって花が付き次第に枝が垂れ下がり扇状の樹形を作ります。

庭木としてもとても人気があり、剪定が楽と言う点・花の観賞性が高い等の利点が大きく人気の理由となっているようです。

 

剪定方法と育て方

コデマリの剪定は基本的に必要ありません。放任しても枝が弓の様に枝が垂れる為、刈り込んでしまうとせっかくの雰囲気を壊してしまいます。コデマリは強健で生育旺盛な為枯れる事はありませんが、最近は自然な雰囲気の庭木がとても人気が集まっている為、刈り込み剪定は避けた方がよいです。

剪定適期は12月から1月頃が適期です。花が咲いた古い枝や混み過ぎた場所の古い枝などを根元からきります。この時、太い枝から出た若い枝は残します。又、徒長する枝が毎年発芽するので元で剪定します。

徒長枝は花芽が付き難く生育が強い為途中で止めると再度徒長します。

 

植えつけ・移植時期

植え付けは1月から3月の休眠期に行います。

移植も新芽が伸びる時期と真夏を避ければ比較的容易です。

 

肥料

寒肥として1月から2月に有機質肥料など緩効性肥料を施します。

 

病害虫

カイガラムシ・うどんこ病・すす病などが発生する事があります。剪定によって風通しを良くする事で防ぐ事が可能です。

 

コデマリの剪定料金

※剪定はとても容易です。是非ご自分で挑戦してみて下さい。

コデマリ程度の小さい庭木の剪定は業者へ依頼するとかえって高くなってしまう事があります。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ