コブシの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

コブシは春先庭を白く彩る庭木です。

コブシの属性

属性:モクレン科モクレン属

原産国:日本

最大樹高:8m~10m

落葉高木

用途:シンボルツリー緑陰樹 など

開花時期:3月~4月 ごろ

品種:シデコブシ(ロイヤルスター)(ウォーターリリー) など

コブシは春先を代表する花木で広い庭に向いています。

コブシの花 画像

コブシの花 画像

コブシの育て方 剪定方法と時期

コブシはモクレンに似た白い花を付けますが、開花時期に霜が降りると花が凍害にあい黒ずんで綺麗ではありません。

自然現象なので仕方ないですが、また1年綺麗なお花はお預けになってしまいます。

又、開花後コブシの実が出来ますが、手を握った形が実の形と似ているところからコブシと言われる由来となったそうです。

剪定方法と時期

コブシは芽吹きも良く丈夫で成長も早い為、初心者でも育てやすい庭木の一つです。基本的には日当たりを好む植物ですが、半日陰の場所でも十分耐える事が出来ます。

剪定の適期は、基本的に生命力の強い庭木の為1年通して何時剪定しても問題はありません。しかし、開花後の4月~5月が適期でしょう。毎年、徒長枝も多く発生し枝が混みあいます。「切り戻し剪定」と「枝透かし剪定」を併用し大きさを維持できるようにする事がポイントです。花芽は小枝に多く付きます。剪定の際は徒長枝、内行枝、絡み枝、胴吹きなど切除すると綺麗な樹形を保つ事が出来ます。

植え付け・移植時期

植えつけは落葉期の12月から2月頃、休眠時期に行うとよいです。

移植は余り好みませんが、最適期は植えつけと同様の時期に行います。

肥料

特に必要ありませんが、寒肥として少々撒く程度でよいでしょう。撒き過ぎは徒長する原因の一つです。

病害虫

特に大きな問題となる病害虫はありません。

 

コブシの剪定料金(3m程度)

枝透かし剪定の場合:5000円程度

※地域・場所により異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへお尋ね下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ