サンシュユの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

サンシュユは春先早く咲く黄色い花が綺麗な花木です。

サンシュユの属性

属性:ミズキ科ミズキ属

原産国:中国

最大樹高:6m前後

落葉小高木

別名:ハルコガネバナ・アキサンゴ

用途:シンボルツリー・添景木 など

開花時期:3月から4月ごろ

品種:エレガンティシマ・バリエガタ など

葉が出る前、枝先に小さな花を付ける黄色い花が美しい庭木です。

 

サンシュユの花 画像

サンシュユの花 画像

サンシュユの育て方 剪定方法と時期

サンシュユは早春の黄花と秋の赤い実が美しく、3月~4月頃サクラの前に繊細な花が春の訪れを感じさせてくれる庭木です。

庭木として昔から愛され、剪定方法も比較的簡単な為 初心者でも扱い易い庭木です。

剪定方法と時期

この樹木は萌芽力があり剪定にとても強いです。日当たりのよい場所で良く育ち基本的には落葉期の1月~3月の休眠期もしくは開花後の5月に行います。落葉期には花芽がはっきりと分かるようになり、枝の側面に丸い芽を付けます。短い枝に花芽が付き易いので剪定の際は小枝を切り過ぎないようにします。

剪定方法は「枝透かし剪定」がお勧めです。徒長枝を元から切断し内行枝や絡み枝、ひこばえを取り除き風通しを良く剪定します。枝を多くすると風通しが悪くなり、病害虫の発生原因になる為、ある程度スッキリと剪定するのがよいでしょう。

植え付け・移植時期

共に12月~3月の落葉期に行うのが良いです。

肥料

寒肥として12月から3月の休眠期に行います。肥料は緩効性肥料が良いです。また、開花後のお礼肥や7月頃の追肥まで散布すると最適な状態が保てます。

基本的に強い庭木です。肥料を施さなくても育つ為、肥料のあげ過ぎには注意して下さい。場合によっては枝葉に養分が行き渡り花芽が少なくなる事があります。

病害虫

枝が混み過ぎると、うどんこ病が発生し易くなります。

 

サンシュユの剪定料金(2m程度)

枝透かし剪定の場合:5000円前後

※場所、地域により異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへお問い合わせください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ