シャクナゲの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

シャクナゲは春に咲く豪華な花木で人気です。

シャクナゲ・マダムマッソンの花 画像

シャクナゲ・マダムマッソンの花 画像

シャクナゲの属性

属性:ツツジ科ツツジ属

原産国:日本

最大樹高:1m~4m程度

常緑低木

用途:シンボルツリー・添景木・コンテナなど

開花時期:4月~5月ごろ

品種・近樹種:西洋シャクナゲ(マダムマムマッソン・太陽・)など多くの品種、花が存在します。

シャクナゲは西洋シャクナゲとして最近品種改良を重ねた強い物が多く流通しています。

花色の多く自分の好みのものを吟味する事が出来る事から絶大な人気があります。

シャクナゲ・太陽の花 画像

シャクナゲ・太陽の花 画像

シャクナゲの育て方 剪定方法と時期

管理は若干気難しいところがあり、ガーデニングに多少経験がある中級者向きの庭木と言えます。

本来高山性の植物です。夏の高温や強い直射日光と西日を特に嫌います。西洋シャクナゲは改良されていますが、ヨーロッパの涼しい気候で改良されている為日本の梅雨時期の多質を嫌います。水はけのよい場所と風通しが良い場所がお勧めです。

剪定方法と時期

西洋シャクナゲ・シャクナゲ共に成長が非常に遅く剪定は殆ど必要ありません。

枝先の芽の伸びがとても旺盛で4センチほど伸びた時に2~3本程度に間引くとよいです。花芽がなかった枝は翌年の開花枝として剪定せず育てます。

又、開花後 意外と放ったらかしのシャクナゲを良く見かけます。花柄を付けっぱなしにすると実が育ってしまい樹勢が弱る事があるので花柄は綺麗に摘み取りいます。

植え付け・移植時期

共に3月から4月上旬及び9月~10月が適しています。

苗木の場合は厳冬期と極暑を除けば通年通して植え付けが可能です。

肥料

休眠期に当たる2月から3月に緩効性化成肥料を施します。開花後もお礼肥として週1回液肥を2~3回施すと良いです。

病害虫

カイガラムシやベニモンアオリンガの幼虫が発生します。酷い場合は薬剤を散布し除去します。

 

シャクナゲの剪定料金

※剪定が殆ど必要ない為、余り透かし過ぎると木肌に直射日光が当たり日焼けする為最低限の剪定に留めます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ