ストローブマツの育て方 剪定方法と時期

ストローブマツは北アメリカ原産の5葉性のマツ

ストローブマツの画像

ストローブマツの画像

ストローブマツの属性

属性:マツ科マツ属

原種の原産国:北アメリカ北東部 など

最大樹高8mから12m程度

常緑高木

用途:コンテナ・シンボルツリー・その他 など

開花時期:3月~4月 ごろ

品種:コンパクタ・ファステギアータ・アルバ・ペンデュラなど

北アメリカ生まれのマツで日本には古く明治に入ってきたと言われています。松枯れ病の病原体が持ち込まれたのもこの木から言われています。

ストローブマツの育て方 剪定方法と時期

日向を好み、生長は他のマツと同様に生長します。放任して伸ばすと日が中に射し込まず風通しが悪い中枝が枯れます。

マツは剪定がとても難しく、経験が必要ですがガーデニング初心者でも練習すれば十分綺麗に仕上げる事が出来ます。

日本では庭木としてマイナーですが、ヨーロッパでは良く栽培されています。五葉松に似ていますが、松ぼっくりが特徴的で大きいもので15センチ程度の細長い円筒形をしています。

剪定方法と時期

剪定時期は基本的に4月頃に行います。

自然樹形に育て、剪定は余り細かく行いません。

剪定方法は「切り詰め剪定」により伸びた枝を切り詰める程度に留めます

マツの生長は節の様に毎年多数枝が伸びます。葉の付いた部分で切り詰める事は可能ですが、思い切った幹だけにすると枯れるので注意して下さい。

品種物には枝垂れタイプもありますが、混んでいる部分を間引く程度にします。

植え付け・移植時期

共に2月~3月が適期です。

肥料

基本的には殆ど必要ありませんが、寒肥として2月頃化成肥料を施します。

病害虫

特に目立った病害虫はありませんが、稀に毛虫やマツノザイセンチュウが発生します。

 

ストローブマツの剪定料金 (3m程度)

切り詰め剪定の場合:10000円程度

※地域・場所により大きく異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへお尋ね下さい。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ