スモークツリーの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

スモークツリーは煙の様な花が咲く洋風な庭木です。

スモークツリー・ゴールデンスピリットの葉 画像

スモークツリー・ゴールデンスピリットの葉 画像

スモークツリーの属性

属性:ウルシ科ハグマノキ属

原産国:中国・ヨーロッパ など

最大樹高:4m~6m程度

落葉小高木

用途:シンボルツリー・添景木・鉢植え・花壇 など

開花時期:5月~6月ごろ

別名:ハグルマノキ・ケムリノキ・カスミノキ など

品種・近樹種:ロイヤルパープル・ヤングレディー・ゴールデンスピリッツ・グレース など

とても変わった花が人気で、葉の色も銅葉から黄色葉まで多種多様に品種が多く、洋風の庭で人気があります。

スモークツリー・グレースの葉 画像

スモークツリー・グレースの葉 画像

スモークツリーの育て方 剪定方法と時期

生育旺盛で丈夫な為ガーデニング初心者に向いた庭木です。日当たりのよい場所であれば土壌は選びません。

スモークツリーは何と言っても新芽の鮮やかな葉と煙の様な花柄が綺麗です。

代名詞と言われる煙の様な花は、実は花柄で花ではないのです。花は小さな花が多数咲き、その後花軸が長く伸びてモコモコとした綿の様になります。色は赤や白、濃淡も多くの種類があり、綿の様な花柄は長く楽しむ事が出来ます。

剪定方法と時期 

剪定の適期は休眠期の12月~2月に行います。毎年短い枝と長く徒長した枝が発生しますが、長く伸びた徒長枝を分岐箇所で切り取り短い枝を残すと自ずと自然の樹形が保たれたまま綺麗な樹形に仕上がります。

一度切り詰めると、翌年切った部分から枝が数本発生するので身近な枝を3本程度残して剪定します。

また、内側に向かって伸びた内行枝や絡み枝は切除し風通しを良くする事で病害虫の発生を抑制します。

スモークツリーは悪が強く切り口からマツヤニと同じようなやにを多く発生します。洋服等に付着すると中々取れないので、剪定の際は注意して行います。

植え付け・移植時期

うえつけ・移植共に休眠期の12月から3月頃に行います。

肥料

とても強健なので、特に必要はありませんが、寒肥として12月~2月頃肥料を行うとよいです。

病害虫

特に大きな被害はありませんが、枝が混んだり風通しが悪くなるとカイガラムシが発生します。

スモークツリー・ロイヤルパープルトの葉 画像

スモークツリー・ロイヤルパープルの葉 画像

スモークツリーの剪定料金(3m程度)

枝切り戻し剪定の場合:5000円~7000円程度

※地域・場所により異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへお尋ね下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ