セイヨウカマツカの育て方 剪定方法と時期

セイヨウカマツカの実は長く、優雅な樹形が人気急上昇

セイヨウカマツカの属性

属性:バラ科アロニア属

原産国:北アメリカ など

最大樹高3m程度

落葉低木

用途:コンテナ・シンボルツリー・添景木 など

開花時期:4月~5月 ごろ

果実:8月~11月

品種:チョコベリー など

紅葉も美しいセイヨウカマツカ。楚々とした白い花と秋の紅葉も綺麗で、果実熟期も長いことから観賞性が非常に高く庭木として最近人気が沸騰しています。

セイヨウカマツカの実 画像

セイヨウカマツカの実 画像

セイヨウカマツカの育て方 剪定方法と時期

果実は食用としても愛され、渋実が多く生食では不向きですがジャムや果実酒として利用されています。

ポリフェノールの一種のアントシアニジンが豊富に含まれ健康食品としても注目されています。

剪定方法と時期

セイヨウカマツカは生長が遅く日向を好みます。耐寒性も強く強健でガーデニング初心者でも十分育てる事が可能です。

剪定時期は休眠期の2月頃に行うのが適していますが、放任しても樹形が乱れる事が少なく強剪定の必要はありません。

剪定の際は「枝透かし剪定」により自然樹形を損なわない様、混んでいる部分の中枝や絡み枝・徒長枝などを切る程度に留めます。枝の途中から切断すると翌芽の芽吹きが不自然となります。剪定の際は必ず分岐枝のある小枝を残し剪定します。

セイヨウカマツカの花 画像

セイヨウカマツカの花 画像

植え付け・移植時期

12月~2月頃の休眠期に行います。乾燥を嫌う為、腐葉土や堆肥をすき込み肥沃で水はけのよい土壌にします。

肥料

寒肥として落葉期の2月頃に緩効性肥料を施します。

病害虫

特に目立った病害虫はありません。

セイヨウカマツカの剪定料金(3m程度)

枝透かし剪定の場合:3000円~5000円程度

※地域・場所により異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへお尋ね下さい。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ