ソロの木の育て方 剪定と時期 剪定料金

ソロの木は最近雑木のお庭でよく見かけるとても人気のある庭木です。

 

ソロの概要

原産地:日本・朝鮮

属性:カバノキ科クマシデ属

開花:4月~5月

樹高:10~15m程度

別名:イヌシデ・アカシデ・シロシデ・ソネ

落葉高木

ソロの木は成長がとても速い庭木です。しかし剪定の管理さえ怠らなければとても雰囲気の良い使い勝手のよい庭木です。最近では「雑木のお庭」がとても人気があり里山の雰囲気を出すには都合のよい庭木ではないでしょうか。。。

 

ソロの木の剪定と時期

 

ソロは地域場所によってはイヌシデ、アカメソロなど言い方は多く存在します。今回はソロで統一させて頂きます。

ソロは成長がとても速く1年で1m~2m程度伸びる場合もあります。基本的に手入れをしなくてもある程度の形は維持することが可能ですが、庭木としては大きくなり過ぎて近隣の方に迷惑をかけてしまう恐れがあるので定期的に剪定される事をお勧めいたします。

剪定時期は12月から2月の休眠期に行うのな一般的です。また、葉の付いていない状態だと剪定作業を余りした事のない方でも切る枝の判断が分かりやすいです。

基本的には自然と形が整うので極端な強剪定は必要ないです。しかし、何年かに一度強剪定をすることで庭木としてのサイズ維持が可能になるでしょう。

まず始めに、絡み枝、徒長枝、内行枝、枯れ枝等を除去します。その後、整枝剪定として以下の写真を元に説明したいと思います。

≪写真≫左が剪定前のソロの樹形の一部だとします。枝を透かして剪定を行う場合は写真中央の様に枝の先端付近で分岐した場所の枝の本数を少なくします。

大抵の場合は3つに分岐している事が多く、真ん中の枝が勢いがあるのでそちらを切断します。強剪定を行う場合は写真右のように元に近い場所で分岐した個所を切断し樹形をコンパクトに剪定しましょう。

ソロは自然と樹形が整う庭木です。ある程度中の方で大雑把に枝を切断してから表面の枝を剪定する事をお勧めしたいですね。

 

 

ソロの剪定 目安価格(2m)

枝透かし剪定の場合  ¥2000円程度

※地域、植栽場所により大きく異なります。詳しくはお近くの植木屋さんにご相談下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ