タニウツギの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

枝先に沢山咲くタニウツギは種類も豊富で庭のアクセントに。

赤花タニウツギの花 画像

赤花タニウツギの花 画像

タニウツギの属性

属性:スイカズラ科タニウツギ属

原産国:日本 など

最大樹高:2m~5m程度

落葉低木

用途:シンボルツリー・添景木・鉢植え・花壇・根締め・コンテナ など

開花時期:5月~6月ごろ

別名:サオトメバナ・タウエバナ など

品種・近樹種:白花ウツギ・オオベニウツギ(オーレオバリエガータ・レッドプリンス) など

最近では色々とカラーリーフとしても品種が多く、自分好みの葉色や花色を探す事が出来る庭木です。

 

タニウツギの育て方 剪定方法と時期

日当たりの良い場所を好み、日陰になると花付きが悪くなる性質があります。

生育旺盛で萌芽力も強い事からガーデニング初心者でも十分育てる事が可能です。

しかし、放任すると場所を広く必要とします。毎年の剪定は欠かせません。

斑入りタニウツギの花 画像

斑入りタニウツギの花 画像

剪定方法と時期

花は新しく伸びる枝の先に花が付く為、花芽が形成された後の冬の剪定は切り過ぎないように注意します。

剪定の適期は開花後の6月~7月にかけて行うのが適期です。樹形を維持する為徒長した枝や長く伸びてしまった枝は切り戻し、古くなった枝は数年ごとに短く剪定し新しく枝を出させます。

年数が経つと株が大きくなったり、枝数が増えて風通しが悪くなるので数年に一度間引いたり枝を透かす事で樹形を維持させます。

植え付け・移植時期

植え付け・移植共に休眠期に当たる落葉期の12月~3月の芽吹く前に行うのが適期です。

肥料

休眠期に寒肥として有機質肥料を施します。又、開花後にお礼肥えとして化成肥料を少量与え樹勢の衰弱を防ぎます。

病害虫

春先、新芽にアブラムシが発生し易いです。又、放置するとすす病が発生するのでアブラムシの早めの駆除を心がけます。

風通しを良く剪定し蒸れないようにすると効果的です。

タニウツギの花 画像

タニウツギの花 画像

タニウツギの剪定料金 (3m程度)

枝透かし・枝切り戻し剪定の場合:3000円~5000円程度

※地域・場所により異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへお尋ね下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ