トキワマンサクの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

トキワマンサクには品種も多く、垣根にすると一面花のカーテンとなりとても目を引く庭木です。

 

トキワマンサクの概要

原産地:中国

属性:マンサク科トキワマンサク属

常緑低木

用途:垣根、シンボルツリーなど

最大樹高:4m程度

 

ベニバナトキワマンサク 画像

ベニバナトキワマンサク 画像

トキワマンサクには二種類あり赤葉と緑葉とあります。花の色にも赤と白の2色あります。和風の雰囲気にも合いますが、洋風なお庭にもシンボルツリ-としても良く合います。垣根にすると春先葉を花で埋め尽くす位見事です。

 

トキワマンサクの剪定の時期

トキワマンサクは刈り込み剪定にも耐える強健な庭木です。手を入れなくても自然に樹型はまとまります。自然な樹型で楽しみたい場合はさほど切り戻しなどの作業は必要ではありません。だだし、成長スピードが若木の時は早いので定期的な剪定をお勧めします。

剪定適期は5月から8月頃までが良いでしょう。 花芽は短い枝に付くので庭のスペースが限られていて枝が邪魔になる場合、長く伸びすぎた枝や徒長枝(生育の弱い間延びした細枝のこと)は分岐した部分付け根からで切断しましょう。また、短い枝でも混み合った部分は間引きします。内行枝、並行枝等をお手入れするだけで風通しも良くなり病気になり難くなります。剪定目安は開花後を目安にすると分かりやすいです。
 芯を数本残して幹を立てて育てる場合は、木の内側の細かい枝が枯れてくるのでそれらを取り除くようにしましょう。まrた、混んでいる部分も同様に枝透かしを行うと良いで。毎年お手入れをした方が樹形も崩れにくくなります。

 

トキワマンサクの剪定価格(2m)

枝透かし剪定の場合:¥3000~¥4000程度

※場所等により費用は異なります。詳しくはお近くの植木屋さんにご相談下さい。

 

One Response to “トキワマンサクの育て方 剪定方法と時期 剪定料金”

  1. […] トキワマンサクは知名度もあり親しみがありますが実は似ていますが全く違う属性です。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ