トチノキの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

トチノキは樹形が崩れず紅葉が美しい庭木です。

トチノキの赤花 画像

トチノキの赤花 画像

トチノキの属性

属性:トチノキ科トチノキ属

原産国:日本

最大樹高10m前後

落葉高木

用途:シンボルツリー・コンテナ・緑陰樹 など

開花時期:5月~6月 ごろ

別名:クリトチ・オオトチ

品種・近樹種:セイヨウトチノキ(バウマニー)ベニバナトチノキ(ブリオッテぃー)

街路樹などで多く見かけるトチノキは枝先に付く花と秋の紅葉が見る人を魅了します。

 

トチノキの育て方 剪定方法と時期

日向を好み乾燥地を嫌います。湿った深い土壌を好む習性があり、成長は早いですが萌芽力が弱く剪定を嫌います。

ガーデニング初心者には少し難しい庭木です。

剪定方法と時期

放任しても樹形は整いますが、大木になるので枝が太くなる前に定期的な剪定が必要です。

基本的に自然樹形を楽しむ為、枝透かし剪定が適しています。

剪定箇所は胴吹きした枝や絡み枝や内行枝などを中心に切り取ります。

枝先を止めてしまうと、その後の成長が不自然となり自然な雰囲気が損なわれますので注意が必要です。

トチノキの白花 画像

トチノキの白花 画像

植え付け・移植時期

休眠期に当たる落葉期の12月から3月頃に行います。移植も同様の時期が適してますが、乾燥や暑さに若干弱いので西日の当る場所は避けた方が良いです。

肥料

1月頃に寒肥として緩効性の肥料として堆肥・油粕・鶏糞などを与えます。

開花後も弱り易いので、同様に施します。

病害虫

特に目立った病害虫はありません。

 

トチノキの剪定料金(3m程度)

枝透かし剪定の場合:5000円~7000円程度

※地域・場所により異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへお尋ね下さい。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ