ナツミカンの剪定方法と時期 剪定料金

ナツミカンは大きな果実が庭木としても観賞性が高い果樹です。

ナツミカンの属性

属性:ミカン科ミカン属

原産国:日本 など

最大樹高:4m~5m程度

常緑小高木

用途:シンボルツリー・目隠しなど

開花時期:4月~5月

品種:甘夏など

ナツミカンは酸味が強く癖になる果実ですね。手間の掛からない果樹として庭木に向いています。

ナツミカンの実

ナツミカンの実

ナツミカンの剪定方法と時期

4月~5月に芳香のある白い花が咲きます。果実は翌年の5月~6月に収穫します。

寒さに弱い特徴があり、強剪定は避けます。基本的に剪定をする事で花芽を切ってします。極端なお手入れはせず、樹冠から突出する枝などを剪定する程度で十分です。又、樹冠表面に出来る果実より中に出来る果実の方が良い実がなります。

「刈り込み剪定」をするのではなく、「枝透かし剪定」をしましょう。

 

剪定時期

2月~3月に枯れ枝や徒長枝、内行枝、絡み枝を切り取ります。また、収穫後に細かな枝を剪定します。

風通し等考慮し、樹形の中へ日が差し込むよう枝を間引き自然樹形に仕上げます。

これは病害虫の発生を防ぐ効果もあります。表面ばかり手入れし中に風が入らないと病害虫の発生原因となります。

 

植栽場所

日当たりを好み、気候が温暖であれば栽培は簡単です。水はけと保水性の良い酸性土壌を好みます。

寒さが厳しいと葉が黄色く凍害を起こしたり葉が落葉し、酷い場合には枯れてしまいます。

 

摘果

ナツミカンは房なりには余りなりませんが、一枝に多く実を付けた場合は間引きし成長を整えましょう。

また、成らし過ぎると樹勢が衰える原因となるので注意して下さい。

 

病害虫

主なものとして、アブラムシ、アゲハ蝶類の幼虫、ハダニ、カイガラムシ など

 

剪定料金(2m程度)

枝透かし剪定の場合:5000円程度

※地域場所により異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへお問い合わせください。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ