ナツメの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

ナツメは昔から実を食用や薬用として重宝な庭木

ナツメの実 画像

ナツメの実 画像

ナツメの属性

属性:クロウメモドキ科ナツメ属

原産国:ヨーロッパ南東部から東アジア など

最大樹高:7mから9m程度

落葉小高木

用途:シンボルツリー・緑陰樹 など

開花時期:6月ごろ

品種:サネブトナツメ

日本には野生のものはなく、元は中国から持ち込まれたと言われるナツメ。

ナツメの育て方 剪定方法と時期 

とても丈夫で生育旺盛な樹木です。

ガーデニング初心者でも十分育てる事が可能ですが、広いスペースを必要とし個人邸には不向きな面があります。

日当たりのよい場所を好み、通気性と透水性の良い土壌を好みます。

果実は9月~10月頃赤褐色に変化し熟し、熟した実は生食やドライフルーツとしても使われます。

剪定方法と時期

剪定は基本的に毎年の剪定は必要なく、伸びた際に剪定をする程度でよいです。

剪定時期は休眠期に当たる12月~3月の落葉期に行います。

剪定方法は間引き剪定・枝透かし剪定にて風通しの良い日が差し込む様剪定をします。

剪定する際は、伸び過ぎた新梢の枝や徒長枝、樹冠から突出した枝を分岐した部分の小枝を残しその上で切断する事でその後の生長を阻害なく自然に伸びる様剪定します。

強剪定は余り好まず、極端な強剪定は枝が枯れ込み樹勢が弱る原因となる為、注意して下さい。

ひこばえ(株元からでた小枝)は生え際から切り取ります。

 

植え付け・移植

植え付け・移植共に落葉期の12月から3月に行うのがよいです。

肥料

特に必要ありませんが、樹勢が弱ってる場合などは寒肥として肥料を施します。

病害虫

ナツメコガの幼虫が発生します。被害が著しい場合は薬剤散布により駆除します。

 

ナツメの剪定料金(3m程度)

間引き・枝透かし剪定の場合:5000円~10000円程度

※地域、植栽場所により異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへお尋ね下さい。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ