ハゴロモジャスミンの育て方 剪定方法と時期

ハゴロモジャスミンはツル植物の代表格!

ハゴロモジャスミンの概要

属性:モクセイ科ソケイ属

常緑ツル性低木

原産国:中国南部

最大草丈:1mから3m程度(誘因しないと横に広がり上に伸びにくいです。)

開花時期:春4月から5月ごろ

用途:地植え・鉢植え・フェンス・寄せ植え など

日照:日向から半日蔭

品種:フィオナサンライズ・ミルキーウェイ

ハゴロモジャスミンは芳香性が強く常緑で比較的強健な為、多用途に用いられます。

ハゴロモジャスミンの花

ハゴロモジャスミンの花

 

ハゴロモジャスミンの育て方 剪定方法と時期

ツル性植物で扱いやすいですが植え込み場所には注意が必要です。

生育旺盛で伸び始めるとまめな手入れが必要な為、地植えの際は十分配置場所を考えてから植えます。

秋に花芽が作られる為、冬の寒さや雪の当たる場所では凍害にあい植物が痛むと同時に花芽も枯れることがあります。これも花の咲かない原因の一つです。

 

剪定方法と時期

剪定時期は開花後に行うのがベストです。

開花後だと基本的にどの場所で切っても枯れる事はありませんが、強剪定をすると翌年花が咲き難くなります。

剪定の際は芯は残し、脇枝を間引くように剪定する事がお勧めです。

2・3年に一度株が大きく成りすぎたら強剪定を行いコンパクトに仕立て直すのも良いです。

秋以降寒くなる前の剪定は枝を残し気味にし寒風にさらされない様にします。

 

植え付け時期

常緑植物は基本的に暖かくなる時期に行います。

芽が動き始める3月下旬~4月上旬が適期です。もしくは、秋の9月中旬ごろが良いですが春の植え込みが一番簡単です。

ハゴロモジャスミン・ミルキーウェイの写真

ハゴロモジャスミン・ミルキーウェイの写真

 

肥料

2月ごろと開花後に行うと良いです。

肥料は緩効性の有機肥料や油粕がお勧めです。

生育旺盛なので株回りにパラパラと撒く程度で十分です。

やり過ぎると枝ばかり伸びて花が咲かなくなる原因にもなります。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ