バイカウツギの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

バイカウツギは初夏の純白の花が洋風ガーデンにお似合いです。

バイカウツギの属性

属性:ユキノシタ科バイカウツギ属

原産国:日本

最大樹高:2m~3m程度

落葉低木

別名:サツマウツギ

用途:シンボルツリー・添景木 用途は様々です。

開花時期:6月ごろ

品種・近樹種:ベルエトワール・バリエガタ・イノセンス など

バイカウツギの品種は非常に多く花色や葉色の変わった品種や芳香があるものなど多く流通しています。清楚で品がありとても人気があります。

 

匂いバイカウツギの花 画像

匂いバイカウツギの花 画像

バイカウツギの育て方 剪定方法と時期

日向を好み半日陰でも成長します。基本的に強健で耐寒性も強い為、容易に育てる事が可能です。

初心者向きの庭木で萌芽力も強い為、強剪定をしても芽が出てきます。

剪定方法と時期

とても伸びる庭木です。年に1回は必ず剪定をしないと枝が荒れてしまい幅をとても取ります。

剪定時期は開花後の6月後半から7月に剪定をすると翌年の花を見る事が出来ます。又、風通しが悪くなると病害虫が発生し易くなる為、中枝の不要な枝(内行枝・徒長枝・絡み枝)は取り除きます。

通常の剪定では幹が太くなり風情が劣るので定期的に落葉期に地際から切断すると春先新芽が上がり柔らかい雰囲気が取り戻せます。

ある程度伸びた際は株の本数を減らすのも効果的な剪定方法です。

バイカウツギの花 画像

バイカウツギの花 画像

植え付け・移植時期

どちらも休眠期の12月~3月に行うのが適期です。また、真夏を避ければ比較的一年中移植する事が可能です。

肥料

基本的にとても強い庭木ですので殆ど必要ありません。

落葉期の1月~3月に寒肥として油粕や鶏糞、化成肥料などの緩効性の肥料を施します。

開花後にお礼肥として同様の肥料を与えるとよく育ちます。

病害虫

風通しが悪かったり春先の葉が出たころにアブラムシが良く付きます。春先に一度消毒をすると良いです。

また、カイガラムシの付着も目立ちます。広がると対処が大変なので早めに対処し拡散を防ぎます。

 

バイカウツギの剪定料金(2m程度)

切り戻し剪定の場合:2000円~4000円程度

※とても強くまず枯れる心配が少ないので是非ご自分で試してみて下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ