ヒノキの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

ヒノキは木材としても使用される木です

ヒノキの属性

属性:ヒノキ科ヒノキ属

原産国:日本

最大樹高:12m程度

常緑高木

用途:シンボルツリー・生垣・トピアリー・目隠し など

開花時期:4月ごろ

品種・近樹種:オウゴンシノブヒバ・チャボヒバ など

天に向かって真っ直ぐに伸び円錐形の樹冠になるのが特徴です。戦後、植林として多く使用されたが、最近では花粉症と言った問題が多く敬遠されている。

ヒノキの葉 画像

ヒノキの葉 画像

ヒノキの育て方 剪定方法と時期

ヒノキは森の中でも一番高木になる部類です。生命力が強く萌芽力もある為、初心者でも簡単に育てる事が出来ます。しかし、庭木としては放任すると大木になる為毎年の剪定は欠かせません。生垣に向いています。また、日当たりを好み若い時は日陰や半日陰でも耐える事が可能です。

剪定方法と時期

ヒノキは生垣として使われる事が多く、その際の剪定適期は5月~6月頃に刈り込み剪定にて管理します。日の当たり難い場所は枯れ易い為、幅を広くし過ぎると細身に切り戻す時中の葉が全くなくなり困る事があるので、毎年剪定をしっかりと行います。

一般的な剪定方法は3月~10月までの暖かい時期に行い、春に徒長枝を切り詰め、枯れ枝を取り除く程度に剪定します。

植え付け・移植時期

共に2月~4月頃が適期です。しかし、成木での移植はとても難しく事前に根回しを十分にする必要があります。

肥料

1月頃に寒肥として油粕や鶏糞や化成肥料を施します。

病害虫

特に目立った病害虫はありません。

 

ヒノキの剪定料金(3m程度)

枝透かし剪定の場合:5000円~10000円程度

※地域・場所により異なる為、詳しくはお近くの植木屋さんへお問い合わせください。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ