ヒュウガミズキの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

ヒュウガミズキは和風、洋風どちらも似合う庭木です。

ヒュウガミズキの属性

属性:マンサク科トサミズキ属

原産国:日本

最大樹高:2m前後

落葉低木

別名:イヨミズキ・ヒメミズキ

用途:生垣・根締め・コンテナ・鉢植え・添景木 など

開花時期:3月から4月ごろ

葉が出る前に小さな花を付ける愛らしい庭木です。

ヒュウガミズキの花 画像

ヒュウガミズキの花 画像

ヒュウガミズキの育て方 剪定方法と時期

この庭木はトサミズキと似ていますが、花が房なりではなく咲くのが見分け方の特徴です。丸い葉も特徴で初心者でも容易に育てることの可能な庭木です。

ヒュウガミズキの剪定方法

生育旺盛で萌芽力の強いヒュウガミズキは「刈り込み剪定」でも「枝透かし剪定」でも大丈夫ですが、自然樹形を楽しむのであれば枝透かし剪定をして下さい。剪定の適期は5月頃です。

この木は水はけのよい日当たりを好みます。また、放任すると株が大きくなり幅を取るので、適度に枝数を減らしコンパクトに剪定するのが良いでしょう。剪定は翌年の花付きを良くする為、開花後に徒長枝や絡み枝等を切りそろえ樹形を整えます。

生垣などで用いる場合は、刈り込み剪定により形を整えます。長い垣根の場合、真っ直ぐにする事がとても難しいです。初心者の方は紐などを張り目印をして刈り込むと綺麗な垣根と仕上がります。

植え付け・移植時期

植え付け・移植ともに休眠期の1月から3月に行います。

肥料

堆肥や腐葉土を加え化成肥料を土に混ぜ混んで元肥えとします。

また、お礼肥として開花後に鶏糞など緩効性の化成肥料を施し樹勢の弱りを防ぎます。

病害虫

特に目立った被害はなくとても育てやすい庭木です。

 

ヒュウガミズキの剪定料金

強健な庭木です。枯れる恐れが殆どありませんので是非自分で挑戦してみましょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ