ビバーナム・ティヌスの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

ビバーナムティヌスはブルーの実が宝石の様な綺麗な庭木です。

ビバーナムティヌスの属性

属性:スイカズラ科ガマズミ属

原産国:南ヨーロッパ など

最大樹高:2m程度

常緑低木

用途:生垣・切り花・添景木など用途は様々です。

開花時期:3月下旬から5月ごろ

別名:常緑ガマズミ など

品種・近樹種:カールセファーラム・ダビディ など

ビバーナムは品種が豊富で花・実を楽しむ事が出来とても人気があります。なかでも、このティヌスはズバ抜けて人気がありますね。

ビバーナムティヌスの花 画像

ビバーナムティヌスの花 画像

ビバーナムティヌスの実 画像

ビバーナムティヌスの実 画像

ビバーナムティヌスの育て方 剪定方法と時期 

ビバーナムはとても強い樹木です。日向を好みますが少し日陰の場所でも十分に育つ事が可能です。

寒さ暑さにも非常に強く初心者でも簡単に育てる事が出来ます。

又、白い花とメタリックブルーの実はとても魅力的で切り花としてもお花屋さんで重宝されています。

剪定方法と時期

とても強健で萌芽力もあります。刈り込み剪定でも耐える事が出来ますが翌年花芽を付かなくする可能性があります。開花後の5月頃剪定を行うとよいです。極力「枝透かし剪定」で枝先に付く花芽を残す様剪定します。

植え付け・移植時期

共に春先の時期に行います。

肥料

1月頃緩効性の肥料として、対比や油粕を施します。

病害虫

特に目立った病害虫はありませんが、風通しが悪くなるとカイガラムシやうどんこ病が発生します。

 

ビバーナムティヌスの剪定料金

とても簡単です。枯れる可能性も極めて低い為是非ご自分でトライしてみて下さい。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ