フェイジョアの剪定方法と時期 剪定価格

フェイジョアは洋風な建物と良くう合う人気の庭木です。

 

フェイジョアの概要

 

属性:フトモモ科フェイジョア属

原産国:南アメリカ

最大樹高:5m前後

常緑低木

別名:パイナップルグアバ 

開花:6月から7月

品種:マンモス・トライアンフ など

 

フェイジョアはスペインの植物学者の名前が由来という説もあります。

この樹木はとてもトロピカルな雰囲気を作り出し、最近の洋風ガーデンで多く使われているのを見かけますね。

果実も食べれますし、葉は葉裏がブルーがかったとても鮮やかな植木です。

 

フェイジョアの剪定方法と時期

フェイジョアは、暖かい地方で作られる果樹でニュージーランドなどで栽培されています。

果実はパイナップルとバナナを混ぜたような味で、実際食してみましたが何とも言えない好みの分かれる果物ですね。芳香は甘い香りを漂わせます。また、花は南国的な華や かな花が咲き食用にも利用できます。生育は根を切って移植する際、まれに1年間くらい弱り気味になる事がありますが基本的には強健で病害虫の心配もほとんどなく管理のし易い庭木としてお勧めできます。

また、実を多く成らすには2種類以上の品種を植える事で受粉し易い環境を作りましょう。

剪定時期

フェイジョアは全体樹形から徒長することもなく、成長度合いは比較的遅いと感じます。

なので、極端な強剪定は避け込み入った枝を透かす枝透かし剪定がお勧めです。枝先を摘まんでしうと花芽も切り落としてしまい花や実を楽しむ事が出来なるので刈り込み剪定はしない様注意して下さい。

剪定時期は3月から4月の新芽が動き出す前が剪定適期です。新芽が出てからの剪定は花芽を切る恐れがあるので避けて下さい。

また、剪定する場所は混みあった枝や樹の内側に向かって伸びる枝など、邪魔な枝を付け根から切り落とします。

 

 上記写真はフェイジョアの一枝です。

 

 

フェイジョアの剪定価格(2M)

枝透かし剪定の場合 :¥3000~5000 程度

※地域により差がある為、詳しくはお近くの植木屋さんにお問い合わせください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ