フリーシアの剪定方法と時期 剪定料金

フリーシアは黄金色の葉が美しいカラーリーフとして庭木の彩りを補ってくれます。

 

フリーシアの属性

属性:マメ科ハリエンジュ属

原産国:北アメリカ

最大樹高:3㍍から10㍍以上

別名:ハリエンジュ

落葉小高木・高木

用途:庭木・シンボルツリー・コンテナ・など

開花時期:5月から6月

近縁種:カスクルージュ・ハナエンジュ など

フリーシアの新緑は鮮やかなゴールドでとても目立ちます。シンボルツリーとしての存在感も大きいながら、葉の色は絶品ですね。

フリーシアの画像

フリーシアの画像

フリーシアの剪定方法と時期

フリーシアは幹は直立に高さ10メートル以上になります。とても生育旺盛で1年に1m以上伸びる事もあります。

また、葉の付け根にはトゲがあるため、剪定には気を付けて下さい。

花は芳香のある白い花で、5月から6月ごろに総状花序について下垂します。そして7月から9月ごろ平たいさやに入った豆果が熟します。

 

剪定方法

この庭木は萌芽力が旺盛で生育もかなり早いので毎年の剪定は欠かせません。年1回では収まりきらず、場合によっては2回の剪定が必要となる場合もあります。

剪定の適期は開花後の7月頃か2月から3月の休眠期に行うのが適期とされています。

剪定の際は、「切り戻し剪定」で長く伸びた枝を元から切断し小枝で樹形を整えます。

また、絡み枝、枯れ枝も多く発生する為切除しましょう。

剪定する時はトゲに良く刺さる事があります。ゴムの軍手や皮軍手を使用すると刺さる可能性が減少します。

 

植えつけ場所・移植

日当たりのよい場所を好みます。土壌はやせ地でも育つ為気にする事はありません。

真夏と真冬の時期は植えつけ・移植を避けます。根張りが浅く地表に根が張の為、植えつけの際は支柱をし倒れないようにすます。

 

肥料

花付きを良くする為、寒肥とてしリン酸・カリウムを多く含む肥料を施します。

上げ過ぎると枝の伸びが良くなり過ぎて、手入れが大変になります。注意して下さい。

 

病害虫

炭疽病・カミキリムシ・アメリカシロヒトリなどに注意が必要。

 

フリーシアの剪定料金

切り戻し剪定の場合:5000円前後

※場所、地域により変動する為詳しくは植木屋さんへお問い合わせください。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ