ブルネラ(ブルンンネラ)の育て方 剪定方法と時期 概要

ブルンネラ(ブルネラ)はガーデニングで大人気のカラーリーフ

ブルネラの育て方 写真

ブルンネラ(ブルネラ)の属性

ムラサキ科

原産地:ヨーロッパ

開花時期:春

落葉性多年草

日照:日向から半日陰

品種:バリエガータ・ルッキンググラス・グリーンゴールド・ジャックフロストなど

ブルンネラは多種類の葉に模様があり、斑入りや絞りなど多く用途によって様々な場面で活躍できる優れものです。

 

ブルンネラ(ブルネラ)の特徴

この植物のは葉はとても美しく葉脈が細く入る模様にハート形をした葉がとても美しく多くの方を魅了してます。

また、葉は産毛をまとい他の植物とのコントラストを楽しむ事も出来、シェードガーデンでも良く使われています。

特に剪定や管理などは必要ありませんが、日差しの強い場所を好まず落葉樹の下など春に日が当たり真夏の強い日差しを遮る場所を選びます。

又、乾燥に比較的弱く、保湿性のある水はけのよい場所に植えるとよいです。

草丈は物により様々ですが、30センチ~40センチのものが代表的です。

花は春にワスレナグサににた青や白の可憐な花を付けます。

根は地下茎で広がり、葉は冬は枯れて無くなり春先また新芽が発芽します。ギボウシ(ホスタ)と同じ生育です。

肥料

春先と秋口に施す程度で大丈夫です。

剪定

花柄・花茎を切る程度、冬の間枯れた部分を切除します。

病害虫

特に目立った病害虫は付きませんが、風通しが悪いとアブラムシが付く事があります。

その際は消毒を散布し駆除します。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ