モチノキの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

モチノキは光沢のある葉と鮮やかな果実の庭木です。

モチノキの属性

属性:モチノキ科モチノキ属

原産国:日本 など

最大樹高8m前後

常緑高木

用途:シンボルツリー・玉散らし・目隠し・生垣・コンテナ など

開花時期:5月~6月 ごろ

別名:モチ

品種・近樹種:オウゴンモチ・クロガネモチソヨゴ など

モチノキは樹皮から鳥黐(とりもち)の原料を採る事に由来しているそうです。

秋口には赤い実を付けます。

オウゴンモチノキの葉 画像

オウゴンモチノキの葉 画像

モチノキの育て方 剪定方法と時期

モチノキは肉厚な葉と刈るに黄緑色の小さな花が付け根に咲き、雌株には10月~12月に赤い実を付けます。

萌芽力がとても強く強健です。更に、成長は比較的遅くガーデニング初心者には最適な庭木ですが、最近は人気が下火になっています。

最近では園芸品種のオウゴンモチが洋風庭園には映え、新芽が黄色く黄金色に輝いて見えます。

剪定方法と時期

剪定の仕方は植栽の場所や用途により様々な剪定方法で手入れを行います。一番簡単なのが『刈り込み剪定』です。6月頃に自分でイメージした大きさや形に刈り込む事で形を維持する事が可能です。しかし、中枝の処理が出来ない為数年に一度風通しを良くしてあげないと、病害虫が発生します。

少し難しいですが『枝透かし剪定』によりお手入れを行うと風通しも良くなり病害虫も抑制できますし次の新芽の伸び方も細かな枝が多く発生しない為、慣れると枝透かし剪定の方がお勧めです。

剪定のコツ

徒長枝を付け根で取り除き、次に枯れ枝、絡み枝、内行枝、の順に剪定すると切り過ぎる事なく剪定する事が出来ます。

また、剪定する際は樹冠の上部より下へ剪定します。

その際、ゴミは同時に払いながら降りてきます。

枝透かし量は上部をやや透かし気味にし下へ下がるほど葉の量を多くするとバランスのとれた樹姿になります。

植え付け・移植時期

植え付けは4月~6月が適しています。

移植は6月~7月が適期です。

移植は容易に活着します。植え込む際は腐葉土・鶏糞を混ぜ込むとよいです。

肥料

12月~2月頃、寒肥として油粕や骨粉などを施します。

病害虫

カイガラムシ、すす病が発生し易いので定期的に枝を透いて風通しを良くします。

モチノキの実 画像

モチノキの実 画像

モチノキの剪定料金(3m程度)

枝透かし剪定の場合:10000円程度

※地域・場所により異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへお尋ね下さい。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ