ヤマコウバシの剪定方法と時期 剪定料金

ヤマコウバシは庭木の中でも冬枯れ葉が落葉しない面白い樹木です。

 

ヤマコウバシの概要

属性:クスノキ科クロモジ属

原産国:中国、 など

最大樹高:7m程度

落葉高木

用途:シンボルツリー・・盆栽・など

開花時期:5月~6月

 

ヤマコウバシは枝を折ったり葉を揉んだりすると香ばしい香りがするとから由来すると言われています。また、縁起樹としても有名です。

落葉樹なのですが、冬でも葉が落ちず春先新芽が出ると落とす習性がある為、受験生が落ちないととお守り代わりににもなるそうです。

 

ヤマコウバシの剪定方法と時期

ヤマコウバシは雑木として近年沸々と脚光を浴びるようになってきました。落葉時期に葉が付いたままととても面白く、他にはカシワ、クヌギなども同じ性質を持っています。

またこの庭木は紅葉も美しく黄褐色になり、その後春まで葉を付け続けます。

剪定時期は落葉期の11月以降もしくは7月頃が適期でしょう。しかし、ヤマコウバシは成長が遅い方です。頻繁に剪定する事はありません。

樹形は自然樹形です、決してオオバサミなど使った刈り込みは避けて下さい。木バサミや剪定ばさみを使い、徒長枝、内行枝、枯れ枝、絡み枝等を切り落とす程度で十分です。極端に切除せず、あくまで自然な雰囲気を損なわない様、剪定は極力避けたい樹木です。

切除する場合は適当に切るのではなく、枝の分岐箇所の上で切除するか芽の上で切断するとその後新芽が伸びた際 切った枝が目立ち難くなります。

 

ヤマコウバシの剪定料金(2M程度)

枝透かし剪定の場合:3000円~5000円程度

※地域・場所により異なる為、詳しくはお近くの植木屋さんへお問い合わせください。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ