ヤマモモの剪定方法と時期 剪定価格

ヤマモモの果実は、実は高級フルーツとして料亭などで見かける食材です。

 

ヤマモモの概要

属性:ヤマモモ科ヤマモモ属

原産国:中国東部

最大樹高:10m~15m程度

開花時期:4月

常緑高木

用途:庭木・コンテナ・鉢植え 等

 

ヤマモモの木はとても強い樹木です。元々は暖かい地方の植物ですが、関東地方などでも十分越冬出来ます。

とても生育旺盛な為、毎年の剪定が欠かせません。しかし、ヤマモモの実は甘酸っぱく日本古来から食べられていたとても人気の果実としても有名です。

 

ヤマモモの剪定方法と剪定時期

ヤマモモは先程も述べた通りとても強健な植物です。

春に発芽した枝に実を成らせますが、剪定の適期は4月が良いです。冬の寒い時期に強剪定を行うと凍害など寒さで葉が焼けてしまう事があります。剪定後に葉が黒ずみパラパラと落ちてしまう症状は凍害と考えられます。

ヤマモモノキの用途は、目隠しに使用したり実を食する為に庭木として用いたりと様々ですが、基本的な剪定方法は枝透かし剪定が良いでしょう。

この場合は、花芽を切る事が少なく開花時期は赤い房状の花が楽しめます。また景観も良く仕上がり、7月上旬に朱色の様な直径1~2センチ程度の色鮮やかは実を楽しむ事が可能です。観賞性も高く、食べる事も出来る為とても重宝します。

 

剪定手順

①徒長枝、絡み枝、内行枝、ひこばえの剪定

②枯れ枝を切除

③全体の樹形を少し離れた場所から確認し枝の混んでいる部分を確認します。

④混んでいた部分の枝を元に近い分岐部分から切除しを抜きます。

⑤仕上がりましたら再度離れた場所から確認し、全体に均一に枝が透かされていたら完成です(お疲れさまでした)

※ここで注意する点は、実をならすには余り枝を透かし過ぎると花芽を落としてしまい実を楽しむ事が出来なくなってしまいます。4月頃には花芽を確認できると思いますので切り過ぎには注意しましょう。

 

ヤマモモノキを観賞用の庭木として植栽された場合、または目隠しを兼ねて植栽された場合は刈り込み剪定をお勧めいたします。この刈り込み剪定の場合は全く実を楽しむ事が出来なくなりますのでご用心!しかし、仕上がりは表面を綺麗に刈り込める為剪定した実感があります。また、誰にでも簡単にお手入れできるので面倒な方や時間のない方にお勧めです。

上記写真)

左の写真、ヤマモモは1年でこんなに伸びてしまいます。初心者の方がいきなり枝透かし剪定をするのはとても難易度が高いです。

右写真、刈り込み剪定後のヤマモモの木です。こちらは思い切った刈り込みを行っておりますが、極端に葉がない位の強剪定でも枯れる事は無いので安心してトライしてみて下さい。

 

ヤマモモの剪定価格(2M程度)

枝透かし剪定の場合:5000円程度

※地域、場所により変動する為詳しくはお近くの植木屋さんにお問い合わせください。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ