ユキヤナギの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

ユキヤナギは季節外れの雪の様に咲く小さな花がとても可愛いい庭木です。

ユキヤナギの概要

属性:バラ科シモツケ属

原産国:日本 

最大樹高:1㍍~2㍍程度

落葉低木

用途:シンボルツリー・根締め・コンテナなど

開花時期:3月~4月ごろ

品種:フジノピンキー・黄金葉ユキヤナギなど

別名:コゴメバナ・コゴメヤナギ

ユキヤナギは昔から低木として使用され、最近は洋風なお庭にも合う黄金葉のユキヤナギなどもありとても綺麗です。

ユキヤナギの花

ユキヤナギの花

ユキヤナギの育て方 剪定方法と時期

ユキヤナギは春に純白の小さな白い花が下垂した枝に一斉に咲きます。咲いた時期は枝を覆い尽くす程花が咲き、人目を引く庭木です。

また、育て方はとても易しく初心者向きの花木です。

 

剪定方法と時期

ユキヤナギは自然樹形のまま放任してもそれほど樹形は乱れる事は無いですが、風通しを良くしたり株が必要以上に大きくならないようにする為、花が終わった4月に古い枝を根元から取り除き全体の枝先を切り戻します。

次に、冬の1月から2月ごろに徒長した枝を分岐部分で切断し樹形を整えます。

又、徒長枝が多く発生するので、脇枝の短い部分はなるべく残しながら枝を透かすように剪定する事で自然な柔らかな雰囲気を壊す事がなく剪定が出来ます。

ユキヤナギはとても強健な庭木です。刈り込み剪定を行っても枯れる事はまずありませんが花を楽しむのであれば枝透かし剪定がお勧めです。

植栽・移植時期

日当たりを好み、寒さにも暑さにも強いです。

植えつけの適期は11月~3月の落葉期がよいでしょう。

移植は開花前の2月から3月が適期です。

 

肥料

寒肥として1月から2月頃有機質肥料や緩効性の化成肥料を施します。

 

病虫害

風通しが悪いとカイガラムシやアブラムシ・うどんこ病が発生します。

 

ユキヤナギの剪定料金

※ユキヤナギの剪定はとても簡単です。

是非ご自分で挑戦してみて下さい。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ