ユズの剪定方法と時期 剪定料金

ユズは冬に料理の香り付けの薬味として大活躍な庭木です。

属性:ミカン科ミカン属

原産国:中国 など

最大樹高:5m~7m程度

常緑小高木

用途:シンボルツリー・生垣・コンテナ・目隠しなど

開花時期:5月~6月

品種:花ユズ・本ユズ・多田錦など

最近ではユズも品種が多くなりましたが、何と言っても本ユズは大きさ・香りなど一番良いです。手頃で使い勝手の良い物は花ユズでしょうかね。

ユズの実

ユズの実

ユズの剪定方法と時期

ユズは昔から料理に使われていた香りの柑橘です。果実は11月頃から黄色く色づき晩秋に熟します。

庭木としても観賞知が高く、庭先に植わっていると冬至や薬味としても重宝します。本ユズは1いいお値段で販売されていますので、是非育てて頂きたいですが、植栽後実がなり始めるのに数年掛かってしまいます。また、トゲも「花ユズ」に比べ長さ硬さが凄く危険ですのが最近ではトゲのない「多田錦」がお勧めです。

 

ユズは管理もとても簡単です。

若木は枝を広がる様誘引すると樹勢が落ち付き早く実を付けます。

植えつけ2年程度は実は付けると樹勢が落ちる為全て取り除き枝に養分がいきわたる様にしましょう。勿体ないですが、最初は庭木の枝を成長させることを先決とし生育を安定させる事でその後の実の成り具合に大きく差が出ます。3年目以降は収穫出来ます。

剪定方法

ユズは基本的に自然樹形で極端に樹冠を崩す事はありません。しかし、限られたスペースで栽培される場合はお手入れが必要です。剪定時期は3月の新芽が出る前に行います。徒長した枝は実が成り難いので付け根から切除し小枝を多く残します。

また、風通しが悪いと病害虫の発生原因となります。中枝の枯れ枝・内行枝・絡み枝を適度に剪定し風通しを良く中まで日光が射す様にするとよいです。

結実・摘果

ユズは自家結実しますので、1本で実を取る事が出来ます。

開花後、実が膨らみ始めます。その際、1粒1粒を大きくする為摘果します。これには、多く実を付けた場合の樹勢を弱めることを防ぐ効果もある為、必要です。簡単な目安として一枝に2~3個の実にします。房成りに付いている場合は特に摘果して下さい。

また、観賞用として実を楽しむ場合、余り長い期間付けっぱなしにすると翌年実を付けない事がある為、遅くても3月頃には取り除くことをお勧めします。

 

植栽場所

日当たりが良く、水はけの良い土壌で育ちます。

半日陰位なら植えつけ可能ですが、葉が少なく実も多くは望めません。

 

病虫害

目立つものとして、ハダニ・カイガラムシ・黒班病などが発生します。

風通しを良くする事で防除可能です。

葉が黒くなっていたり、実の表面がが黒ずんでいるのは風通しを良くする為の剪定が必要です。

 

ユズの剪定料金(2m程度)

枝透かし剪定の場合:3000~5000円程度

※地域場所により異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへお問い合わせください。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ