ユズの剪定方法と時期 剪定料金

昔から冬の料理などで使う香りの良い柑橘。

属性:ミカン科ミカン属

原産国:中国、 など

最大樹高:5m~7m程度

常緑小高木

別名・近縁種:夏ミカン・カボス・スダチ など

用途:シンボルツリー・ 目隠し など

開花時期:5月

ユズの香りを冬を想像する柑橘ではないでしょうか。料理に使用したり冬至の際お風呂に入れたりと様々な場面で大活躍しますね。

庭植えでも強健で毎年多くの実を楽しむ事の出来る簡単なユズは、近年も多くの庭先でお見かけするのではないでしょうか。

 

ユズの剪定方法と時期

ユズは柑橘の中でも寒さ暑さに強く植えつけした庭木の根が活着すれば、何も手間をかけずとしてもすくすく育ってくれます。

しかし、ある程度成長し始めると生育力旺盛な為、要らない枝など多く発生し樹木の中が蒸れてしまいすす病やカイガラムシが発生したり、実がなかなか色づかず場合によっては実が小さいうちに落下してしまうという症状がおこります。

 

では、剪定方法はどうすればよいのでしょうか。

まず徒長枝を切除します。これは、樹形から突出した真っ直ぐ上にその年伸びた長い枝の事を言います。こちらは枝の成長が早く花芽を付ける事が難しい為分岐した部分で切除しましょう。ユズはトゲがあるので剪定の際はゴムの付いた手袋や皮の軍手がお勧めです。ただし安心してると貫通して痛い目をみる事もあるので安心は禁物ですよ!!

次に内側の混んでいる部分を剪定します。見ものはその年実のなった枝は翌年休む習性があるようです。この習性を使い、実を取った後実の付いていた枝を抜く事で枝透かしを行いましょう。実を取った直後の剪定は成った部分の判断が付き易いので容易な選別が出来ると思います。

最後に樹形から飛び出た枝を整えて完成です。

本来の剪定適期は3月から4月の新芽が動き出す前が剪定時期です。

特に常緑樹は冬に強剪定を行うと凍害を起こし易いので、枝の抜き過ぎは気をつけて下さい。

 

ユズの剪定料金 (2m程度)

枝透かし剪定の場合:4000円前後

※地域、場所により異なります。詳しくはお近くの植木屋さんへお問い合わせください。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ