リシマキアの育て方 剪定方法と時期 概要

リシマキアはオーレアなどのカラーリーフやグラウンドカバーに最適

リシマキア ヌンムラリア オーレアの画像

リシマキア ヌンムラリア オーレアの写真

 

リシマキアの概要

属性:サクラソウ科

原産国:ヨーロッパ・中国

常緑性多年草

草丈:10~60センチ程度

開花:4月から7月後半

品種:ヌンムラリア・リッシー・ミッドナイトサン・シューティングスター・ファイアークラッカー・コンゲスティフロラ など

リシマキアは品種により葉色や花色が違いますが、カラーリーフとしてとても育て易い植物です。

 

リシマキアの育て方 剪定方法と時期

リシマキアは強健でシビアな場所選びを余り必要としないカラーリーフです。オーレアなど黄色の葉は洋風ガーデンで楽しむ事が出来ます。又、ミッドナイトサンなどブロンズ色・紫葉は落ち着いた和風の庭園でも楽しむ事が出来ます。

耐寒性・耐暑性共に強く強健です。ガーデニング初心者には是非お勧めの植物です。

適所はやや湿った日向から半日陰の場所で良く育ちますが、乾燥には注意が必要です。しかし、ファイアークラッカーは乾燥に強い日差しに耐える事が出来ます。

草丈の低いリシマキアヌンムラリアなどはガーデニング初心者でも扱い易く、シェードガーデンにも植える事が出来る優れものです。

 

 

 

リシマキア・ミッドナイトサンの画像

リシマキア・ミッドナイトサンの画像

 

剪定方法

特に時期は気にする必要ありません。

伸びてきたら適時剪定を行います。最適な時期は開花後に剪定すると花芽を落とすことなく楽しむ事が可能です。

殖やし方

ヌンムラリア・オーレアなどは挿し芽で簡単に増やす事が出来ます。又、匍匐した茎に根を付ける為、根を付け切除して増やす方法でも簡単に出来ます。

肥料

殆ど必要ありません。肥料が効きすぎると溶けて無くなってしまいます。

必要に応じて秋以降に施肥します。

病害虫

特に目立った病害虫はありません。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ