ロウバイの剪定方法と時期 価格

新春に香りの良い綺麗な花を咲かせます。

 

ロウバイの概要

属性:ロウバイ科ロウバイ属

原産国:中国

最大樹高:4m

開花期:12月下旬~2月下旬

落葉低木

別名:カラウメ

 

ロウバイは特に目立った庭木ではないですが、花の少ない新春に強い芳香のあるお花が咲く事で人を引き付ける魅力を持っていますね。

最近では品種も多く花色も黒花などあります。葉が出る前に花が咲くので見た目も綺麗で中国では、うめ、スイセン、ツバキとともに、「雪中の四花」として尊ばれています。

花びらは分厚くロウのような質感で非常によい芳香があります。。また、ロウバイの名前は花の色が蜜蝋(みつろう)に似ているからとか、花の質感がろう細工のようだからとか いくつか説があります

 

 

ロウバイの剪定方法と時期

 

ロウバイはその年に伸びた新梢枝に花芽を付ける為、剪定時期には気を付けて下さい。剪定適期は落葉期の11月頃もしくは開花後の3月ごろがお勧めです。

徒長枝や間延びした枝、などは花芽がほとんど付かないので分岐した枝の上で切り取ります。また、内行枝等も切り取り株元に風通しと光が日差しが入る様剪定していきます。

ロウバイは特にひこばえも多く発生しますがこちらも根元から切り取る事をお勧めします。ひこばえは勢いがよく樹形を乱すのは勿論、樹木の栄養分も非常日消耗させる枝ですのでしっかりと根元から切り取って下さい。

花が付く枝は間延びしていない短い枝に多く蕾を持ちます。内行枝で短い枝があっても、株元に日差しを取り入れ、樹勢を出す為、ある程度切断するとよいでしょう。

また、花の咲く枝がその後伸び進みますが5年程度で勢いがなくなる為、短く切り戻すとよいでしょう。

 

 

ロウバイの剪定価格 (2m)

※枝透かし剪定の場合:3000~5000円程度

地域、場所により異なる為 詳しくはお近くの植木屋さんにご相談下さい。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ