ロニセラの育て方 剪定方法と時期 概要

生育旺盛はカラーリーフでとても扱いやすい庭木植物です。

ロニセラの剪定方法と時期

ロニセラニチダの概要

属性:スイカズラ科

常緑樹~日が当たりにくい場所では半常緑低木

原産地:中国

開花時期:初夏にかけて

最大樹高:20~80センチ

日当たりは半日程度当たれば問題ありません。

品種:オーレア・レモンビューティー・レッドチップ など

用途:グランドカバー・寄せ植え など

育てやすいのでグランドカバーに最適ですが狭い場所では茂りすぎに注意が必要です。

 

ロニセラニチダの育て方 剪定方法と時期

姿が優し気で柔らかみのあるロニセラは弧を描いて伸びる枝と細かな葉が多く付着して樹形ができます。

剪定方法

強健で生育も旺盛なロニセラは剪定方法も初心者向けです。

刈り込みばさみを使用した刈り込み剪定で好きな形に整えます。

時期も気にせず剪定ができ、低くグランドカバーとして仕立てる場合はまめに低く書き込むのが良いでしょう。

 

管理

日当たりの良いある程度の適湿な場所がよいでしょう。

乾燥には弱く、水不足の場合葉がシワシワになるので注意します。

万が一乾かしてしまって枯れてきた場合は短く切り戻すと復活します。

肥料

とても強健な為肥料は控えめにします。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ