フォッサギラ・ブルーシャドウの剪定方法と時期 剪定料金

フォッサギラ・ブルーシャドウは希少種ながら知る人ぞ知る目を引く魅力的な庭木です。

 

フォッサギラ・ブルーシャドウの概要

属性:マンサク科フォッサギラ属

原産国:フォッサギラの発祥は北アメリカ

落葉低木

最大樹高:1.5m前後

用途:庭木・鉢植え

開花時期:4月頃

品種:フォッサギラ・マヨール、フォッサギラ・ブルーミストなど

フォッサギラ・ブルーシャドウ

フォッサギ・ブルーシャドウ

 

 

ブルーシャドウは何と言っても葉の色が魅了な庭木です。葉の表面が青灰色です。最近流通し始めたとても希少種。春に綿の様な綺麗な白い花が咲き紅葉もとても綺麗で人気の兆しがある注目すべき庭木です。

 

ブルーシャドウの剪定方法と時期

 

他のフォッサギラと同じ様に春に白い綿のような形で、甘く香る花を咲かせます。葉は日によく当てて育てると、青い色みも良く、秋には黄からオレンジ色に美しく紅葉します。
管理も簡単で何もしなくてもコンパクトに育ち、枝が水平に出る株姿がよいことも、観賞優れています。庭のアクセントとして利用したり、暑さ寒さに強く、栽培しやすい花木です。

剪定の適期は11月頃~3月までを目安に剪定すると葉が落葉し剪定枝が分かりやすく失敗が少なくすむでしょう。基本的に自然樹形でもまとまった樹形を維持できるのであまり強剪定は必要ありません。

細かな剪定は以下の写真を参考にしてみて下さい。

 

フォッサギラは基本的に樹形が乱れない為、高さを下げるには写真左の様に途中からでた脇芽を利用しその上で切断しましょう。こうする事で脇芽が成長し形の整った樹形になります。又、真ん中の写真の様に芯を止める事で将来枝葉が密になりより綺麗な樹形へと変化します。徒長した芯を切った写真が一番右の物になります。枝分かれした上の部分で剪定をしている為、切り口も目立たず自然に見えますよね。

是非参考にしてみて下さい。

フォッサギラ・ブルーシャドウの剪定料金(1m)

※フォッサギラはコンパクトにまとまる剪定の少ない庭木です。是非ご自分でトライしてみて下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ