ジンチョウゲの育て方 剪定方法と時期 剪定料金

ジンチョウゲは、春と告げる香りのよい花を咲かせる常緑の花木です。

ジンチョウゲの属性

属性:ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属

原産国:中国

最大樹高:1㍍前後

常緑低木

用途:根締め・コンテナ・鉢植え など

開花時期:2月下旬~4月上旬 ごろ

別名:ジンチョウ・チョウゲ

品種:シロバナジンチョウゲ・ウスイオジンチョウゲ・フクリンジンチョウゲ

ジンチョウゲは日陰を彩る早春の香る花として人気があります。

ジンチョウゲの花 画像

ジンチョウゲの花 画像

 

ジンチョウゲの育て方 剪定方法と時期

ジンチョウゲは昔から良く庭木として使用される慣れ親しんだ庭木ではないでしょうか。

シンボルツリーの株元などに使用され季節を感じさせられる花木として有名です。

剪定方法と時期

この庭木は放任しても半球状の形にまとまりますので比較的庭木の中でも簡単です。

萌芽力が強くどこで切断しても芽が出やすいので「刈り込み剪定」に耐える事が出来ます。

樹形が乱れる事も少なく成長しますが、年に1回樹形を整える様な剪定を行うのが良いです。

剪定適期は4月頃、花が咲いた直後に「刈り込み剪定」で切り戻します。また、刈り込みのみの剪定を何年か繰り返すと枝が増え風通しが悪くなります。そこで、数年に一度枝透かし剪定で風通しを良くし害虫の発生を抑制します。

枝を透かす場合、絡み枝や内行枝などを切断しスッキリとさせます。

強剪定ではまれに樹勢が衰えたり雑菌の侵入する原因となり、場合によっては枯れる事があるので極端な強剪定は避けた方が良いです。

 

植え付け・移植時期

ジンチョウゲは動かす事がとても難しくデリケートな庭木です。植え付け適期は3月から4月もしくは9月頃に行うのが適期です。西日を嫌い、半日陰になる程度の場所を好みます。土壌は弱酸性を好みます。

移植はとても難しく十分な根回しが必要です。しかし、成長した株の移植や根の傷める作業は枯死しやすいので避けて下さい。

掘り上げる際は根を傷めない様、「たぐい堀り」(根を切断しない様、根の先まで追いながら掘り取る方法)と言う作業を行います。これは特殊な方法でキングサリやフジやネムなども同じ方法で移植します。

肥料

お礼肥として開花後の4月から5月に緩効性化成肥料を施します。また、寒肥として1月から2月に有機質系肥料を施します。

 

病害虫

枝葉にカイガラムシが発生する事があります。風通しが悪いと発生し易くなる為、枝の混んでいる部分は枝抜きをして下さい。

また、根に白紋羽病や白絹病が発生する事があります。葉が黄化したり縮れ枯死します。強剪定や連作による発生が多い為出来るだけ強剪定や同じ場所に植栽する事は避けて下さい。

 

ジンチョウゲの剪定料金

※萌芽力が旺盛で比較的簡単に剪定が行えます。是非挑戦してみて下さい。

お近くの植木屋さんへお問い合わせするのも一つの方法です。

 

 

 

3 Responses to “ジンチョウゲの育て方 剪定方法と時期 剪定料金”

  1. […] 又、移植は同じ時期に行いますがマメ科の植物は移植と嫌います。フジやネムやジンチョウゲも同様ですが、根を傷めない様「たぐい掘り」と言う太い根を切らずにその先端までたぐって掘り上げます。 […]

  2. […] 万が一移植をする際は、「たぐい掘り」と言いジンチョウゲ・フジ・キングサリなど同様に根の先まで傷つけない様に掘り上げます。 […]

  3. […] 移植は幼木では可能ですがある程度成木になるとジンチョウゲ同様移植は困難です。太い根を切ると枯れるのでたぐい掘り方で根を傷めない様掘り取ります。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ